· 

摂食障害の「食事法」と「恐れの解消法」

自分の身体を信じる

 

心優しい勇者たちへ

 

 

 

 

私は約 25 年間、摂食障害でした。

 

 

 

自覚していなかった初めの 8  年間は、

食のコントロールを家族に邪魔されないよう、

嘘や隠し事が増えていきました。

 

 

 

周囲が心配してくれることは、

食のコントロールを脅かすことなので、

苛立ちと罪悪感の狭間で苦しむことになります。

 

 

 

このアンビバレントな感情は食にも通じていて、

「食べたい」気持ちと、

「食べてはいけない」の禁じが同時に起こり、

どちらも綱引きのように両極端に引っ張られます。

 

 

 

「これは食べてもいいけど、これは食べてはいけない」など、

食べ物を良い、悪いに二極化していくうちに、

本来の自分の好きなもの、嫌いなものが何だったのか、

わからなくなっていきます。

 

 

 

食べ物を、良い、悪いで選択していると、

食べられる物が限られてきて、

人と食事することが苦痛になってきます。

 

 

その習慣を死守することが全てになります。

 

 

これは、自分が人生の舵をとるのではなく、

主(ぬし)が自分の外にあり支配されている状態です。

 

 

 

どこかで、こんな自分はおかしいと気付いていますが、

もとに戻ることはできず、視野は狭まり、

中庸のない白黒思考、

ますます強迫的になっていきます。

 

 

 

ルールを自分に課したのは自分であったのに、

いつのまにか自分よりルールが優位になり、

それ以外の選択肢があることを疑いません。

 

 

 

いつも脅威にさらされているように感じ、

いかに邪魔されず、自分のルールを遂行できるかを、

虎視眈々と狙っています。

 

 

 

このような日々の中、私が絶えず悩んでいたのは、

「いつ、どこで、何を、どれくらい食べたらよいのか」

 

または、

「どれくらいの期間、食べずにいたらよいのか」

でした。

 

 

 

食や体型のコントロールが、

唯一の達成感や優越感を味わえるものでしたが、

いつしかコントロール不能となり、

暴走は加速していきました。

 

 

 

もはや誰も止められません。

 

 

それが、何年も、何年も続きました。

 

 

 

食や体型へのこだわりは、何を表しているのでしょうか。

 

 

その裏には、恐れ、痛み、自己嫌悪、現実逃避など認めたくない自分があるのかもしれません。

 

 

 

感じないようにするために過食で感情鈍麻や、

許されたいために拒食で弱者になって、

言葉のコミュニケーションを諦めてしまった、

命がけの自己表現だったのでしょう。

 

 

 

そこで、冒頭の問いに話を戻します。

 

 

「いつ、どこで、何を、どれくらい食べたらよいのか」

 

 

紆余曲折しながら辿り着いた答えは、いたってシンプルで至極当然なことでした。

 

 

「いつ」・・・お腹が空いたら

「どこで」・・・好きな場所で

「何を」・・・身体や心が欲している食べ物

「どれくらい」・・・身体や心が満足する量

 

 

 

「わかっていてもできないんだってば!」と、

突っ込まれそうですね。

 

 

 

では、こう自問してみましょう。

 

 

「なぜ、痩せに執着しているのか」

「痩せを手放したら、どうなるのか」

「何を恐れ、目隠ししているのか」

「病気でいるメリットはなにか」

「健康になるデメリットはなにか」

 

 

 

治りたい自分と、治りたくない自分のアンビバレンス。

 

 

 

認めがたい気持ちは、勇気を持って認めてしまうと楽になります。

自分と向き合うことは、苦渋を伴いますが、

それを受け入れたとき、大きく前進しています。

 

 

 

それを続けていき、自己が確立すると、

「いつ、どこで、何を、どれくらい食べたらよいのか」という問いなど、

もはや浮かばなくなっています。

 

 

 

これを、「自然体」と言うのですね。

 

 

 

食べる、食べない、太った、痩せた云々から目くらましを食らってしまいますが、

肝心なのは、その裏の深層心理なのです。

 

 

 

あなたがあなた自身になっていくことをやめない限り、

必ずや幸せへの階段を上っていることを、

どうか信じていてくださいね。

 

 

 

 

 

本来の自分を取り戻し、

喜び楽しむ日々を送られることを、

いつも応援しています。

 

 

 

今日も生かされていることに、

ありがとうございます。

 

森山 華伊

LINE のお友達登録はこちらです!

 https://lin.ee/2Uzk8dh7V