· 

「完璧主義」過食が辛いあなたへ

「普通では意味がない」を手放す

心優しい勇者たちへ

 

 

 

 

私の母は、完璧主義で心配性でした。

 

 

私が転ぶ前に、躓きそうな障害物を取り払い、

私が不足を感じる前に、満たそうとしました。

 

 

溢れていても、気がすむまで・・・。

 

 

 

私は、欲求や意思を表現する機会がないまま、大人になりました。

 

 

 

いつしか、理由のわからない怒りを抱えていました。

 

 

 

傍目からは何不自由なく大切に育てられたのに、

生きている実感がありません。

 

 

 

自分の存在が人ごとのようで、自分の中心を見失い、

自分を大切にするということがわかりません。

 

 

 

いつも、「心ここにあらず」でボーっとしています。

 

 

 

何もしなくても、何も言わなくても、

人の言いなりになっていれば、取り敢えずは無難に過ごせます。

 

 

 

だけど、その「安全」と引き換えに、

自分の無価値感、不信感は強固なものとなりました。

 

 

 

母は私にも完璧を求めました。

 

 

私は期待に応えようと頑張りました。

 

 

それは拡大し、世間に認められなければ、

価値がないという信念ができあがりました。

 

 

 

「普通ではいけない!凡人になりたくない!」が心の中の口癖でした。

 

 

 

私は、本当は自分が無能であると気付いていましたが、

認めるのが怖くて見ないふりをしていました。

 

 

 

音高、音大と進学しましたが、周囲はピアノが上手い人ばかり。

 

 

 

私はその中で、実際はピアノが下手なのに、

それを認めることは、生きていけないと感じるほど恐怖でした。

 

 

 

だからそれと直面することを避けるために、

人のピアノの演奏を聴かないようにしていました。

 

 

 

自分の才能の無さと向き合うことは、私の存在をも危ぶまれると感じていたのです。

 

 

 

今考えれば、才能が無くても生きていけるし、

ピアノの道を歩まなくても、他に道はあります。

 

 

 

でも当時は、一本道しか見えなかったのです。

 

 

 

その道が途絶えたら、どうやって生きていけばいいのかわかりませんでした。

 

 

 

だから、好きでやっているというより、執着心となり、ピアノが苦しみになりました。

 

 

 

そして、完璧主義の究極として摂食障害になり、

自分の平凡さを認めたくなくて、比較されない孤独へとひきこもりました。

 

 

 

25 年間、続きました。

 

 

 

 

普通な自分、できない自分を認めるのに、

こんなにも長い年月を要したのは、やはり幼少期にできた、

「普通は意味がない」という価値観です。

 

 

 

「できない私でも大丈夫、一番じゃない私でも愛される」ということが、

子供の時に感じ取れていたら、その後の人生も大きく変わっていただろうと思います。

 

 

 

それでも、この遠回りがあったからこそ、心底学ぶことができました。

 

 

 

そして、説得力を持って伝えることができます。

 

 

 

等身大の自分を認め、受け入れて初めて、

本来の力を発揮し、自分らしく生きるようになります。

 

 

 

同時に、影のようにつきまとっていた怖れは消えてしまいます。

 

 

 

不完全な自分を愛することは、外の世界を愛することとつながります。

 

 

 

あなたにとっても、一番難しいことかもしれません。

 

 

時間も必要かもしれません。

 

 

 

自分の人生を歩むためには、避けては通れない関所ですが、

必ず乗り越えられます。

 

 

 

すると不思議なことに、特別なことをしていないのに、

それ以前よりも少ない力で前進するようになっています。

 

信じられないかもしれませんが、本当ですよ!

 

 

自分の限界を決めるのは自分なのですね。

 

 

 

認められるか否かに関係なく、

自分が納得するまでやろうと決めたら、評価など気にならなくなります。

 

 

評価という不確かなものに囚われるより、

自分の好きなことをすることを自分に許可すると、鬼に金棒です。

 

 

 

小回り、空回りしていたのが、大車輪になって走り出します。

 

 

 

その喜びたるや、はかり知れません。

 

 

 

あなたにも味わって欲しい。

 

 

そう願いながら、このブログを書いています。

 

 

目に止めてくださったご縁に感謝します。

 

 

 

 

 

本来の自分を取り戻し、

喜び楽しむ日々を送られることを、

いつも応援しています。

 

 

 

今日も生かされていることに、

ありがとうございます。

 

 

森山 華伊

LINE のお友達登録はこちらです!

 https://lin.ee/2Uzk8dh7V