· 

劣等感で動けない摂食障害のあなたへ

弱みを強みに変える

 

心優しい勇者たちへ

 

 

 

 

 

私は何にしても人より遅く、理解するまでにも時間がかかる方です。

 

 

同時進行で複数の事をすることは不得意ですし、人の言葉の裏を読むことも苦手です。

 

 

機転の利いた言葉もタイミングよく発せられなければ、先手を取る閃きにも欠けています。

 

 

もともと喜怒哀楽は発散するよりも内に秘める方です。

 

 

「臨機応変」は大の苦手とします。

 

 

そんなこんななので、職場など利害関係のある場では、評価は低い方だと思います。

 

 

それを自覚してから、他者目線で萎縮するより、

自分目線で自然体でいようと、ある時から開きなおりました。

 

 

良い意味での諦めですね。

 

 

対人や仕事が人より上手くできないのは当たり前のこと。

 

 

だってずっとひとりの世界にいたのだから。

 

 

年相応の成長をしなかったのは様々な理由があってのことで、

自分を卑下することはもう止めようと思いました。

 

 

器用にできる人は、できない人の背景や気持ちが想像できないので、で

きない人に心ない言動をとることがあります。

 

 

できない人は、これまでにも数々の負の言動を浴びせられ、

鵜呑みにし、自信を失くしてきました。

 

 

「自分はできない」と自らも烙印を押しました。

 

 

その繰り返しの中で劣等感は強化し、自己肯定感は低くなり、

理不尽な扱いをされても、NO と言う資格なしと、多くは泣き寝入りしてしまいます。

 

 

本当はもっと高く飛べるのに、自分で制限をかけて、

本来の実力を発揮できず、しまいには飛ぶこと自体、発想がなくなります。

 

 

「私はできない」の呪縛を解くのは、一筋縄では終わりません。

 

 

社会では、正直者は煙たがれ、平均点以下は役立たず扱い、

物事を額面通りに受け取る素直さは幼稚とされ、

個人の幸せより集団の利益を重要視することが多いと思います。

 

 

私は 25 〜 35 歳まで 10 年間、ひきこもりでした。

 

 

評価や競争の中で生きていくことが恐怖で、

とりの世界でしか安心した居場所はありませんでした。

 

 

周囲からは物静かに映るようですが、自分の底深くには、

熱いものがくすぶり続けていることを、いつも感じていました。

 

 

私はどうにかして、この熱いものを外へ表現したいと思いました。

 

 

幸いなことに、私のそばには音楽があったので、

長いブランクを経て再びピアノをはじめました。

 

 

あなたにも、何か表現したいものがあると思います。

 

 

長年、押し込めてきた感情は、時が経ったら勝手に消えるものではなくて、

声なり文字なり、外へ発散しないと無くならないばかりか、

エネルギーが増幅するものです。

 

 

感情をためないコツは、感情に良い悪いはなく、

そのまま感じることを自分に許すことです。

 

 

社会に適応し、器用に生きている人は立派ですが、

私たちひきこもり経験者が彼らに勝るものがあるとすれば、

何かわかりますか?

 

 

弱みは強みに変えられるのです。

 

 

箇条書きにしましたよ。

 

 

☆できない人の気持ちがわかる優しさ

 

☆ 数々の屈辱に耐えてきた忍耐強さ

 

☆ 挫折を裏返すパッション

 

頑固なまでの妥協知らず

 

☆ なにくそ根性の底力

 

 

 

 

自分の可能性は、自分が信じ、掘り起こしていくもの。

 

 

年齢は関係ありません。

 

 

誰にでも、何らかの才能はあります。

 

 

それを見つけるには、人と交わることが一番の早道です。

 

 

 

自分の魅力を引き出してくれたり、夢を応援してくれたり、

達成への道筋を開くきっかけを与えられたり・・・

 

 

人との触れ合いの中で、できない自分でも大丈夫、

こんな私でも愛されると心底腑に落ちたら、

その後はあなたの出番です。

 

 

 

いつも陰に隠れて人を羨んでばかりいたあなたが、

「私は私!」と屈託なく笑い飛ばした途端、

自分が主役のステージへと歩み始めます。

 

 

どうか自分を低く見積もらないでください。

 

 

自分はこの程度だと見切った瞬間、その通りになってしまうものだから。

 

 

 

 

 

10 年前、20 年前の苦悶していた自分に投げかけるように、

このメッセージを送ります。

 

何か心に触れるものがあれば、参考にしてくださいね。

 

 

 

 

本来の自分を取り戻し、

喜び楽しむ日々を送られることを、

いつも応援しています。

 

 

 

今日も生かされていることに、

ありがとうございます。

 

 


森山 華伊

LINE のお友達登録はこちらです!

 https://lin.ee/2Uzk8dh7V