· 

摂食障害で落ちた体力を回復する食事

身体が喜ぶことを続けよう

 

 

心優しい勇者たちへ

 

 

 

 

摂食障害のみなさま、

そうでない方々もこんにちは。

 

毎日何を食べたら良いのか悩んだり、

ある特定の物しか食べなかったりと、

アンバランスな食生活を送っていませんか?

 

 

 

私も食べることに関して頭の中がぐるぐるだったとき、

考えなくてすむようにスムージーだけとか、ヨーグルトだけとか、

フルーツだけとか・・・、かなり偏った食べ方をしていました。

 

 

 

「食事」ではなく「エサ」のように、

その時に食べたい物を食べるのではなく、

何を食べたいのか自分に問うこと自体せず、

無感情に決まった食品を摂っていました。

 

 

 

これを食べたら太るとか、

それを食べたら過食のスイッチが入るとか、

あれを食べたら、次は拒食しなくては・・・とか、

寝ても覚めても、あれこれ悩んでしまいますよね。

 

 

 

私も長年そのような状態から抜け出せなかったので、

その苦しみ、よくわかります。

 

 

 

実は、これからご紹介することは、

積み重ねていくうちに心が落ち着き、

過食の発作の頻度が減り、

身体も動きやすくなるという、

回復した私が今も続けている食事法です。

 

 

 

この食事法にたどり着くまで、さまざまなことを試しました。

 

たとえば・・・

 

〇 炭水化物を摂らない

〇 スムージーなどの置き換え

〇 夕食または朝食は摂らない

 

 

など、制限を強いる引き算の方法です。

 

 

私はどれも継続することができず、

栄養不足で気持ちが不安定になったり、

日々食事のコントロールのことばかりで、

他のことが疎かになってしまうなどストレスはたまる一方、

健康とは逆の方へ向かってしまいました。

 

 

 

これからご紹介する食事法はいたってシンプル、

計算をしなくて良くて、我慢は無用、

お金をかけずに気軽に始められると思うのでお薦めします。

 

 

 

さて、その食事法とは何かというとズバリ、

具だくさんのお味噌汁を摂ることです。

 

 

 

あまりに単純すぎて拍子抜けしてしまいますね。

 

 

基本は一汁一菜で、ごはんも毎回摂ります。

 

私がお味噌汁の具によく入れる食品は・・・

 

 

〇 野菜

〇 煮干し丸ごと

〇 高野豆腐

〇 干し椎茸

〇 わかめ

〇 きくらげ

〇 切り干し大根

〇 卵

 

 

 

ほとんど乾物ですね・・・(笑)

 

乾物は栄養が凝縮しているほか、

ストックできるし、包丁いらずなので、

ズボラな私には嬉しい食品です。

 

 

具だくさんのお味噌汁は、身体が温まり、

栄養のバランスもいいので心も安定します。

 

 

 

 

時にバランスを崩すことがあっても、

この食事法でリセットすることで、すぐに落ち着きを取り戻し、

心身の落ち込みが長引くことがなくなりました。

 

 

 

お味噌汁の味噌は発酵食品ですが、

積極的に味噌、納豆、糠漬けなど発酵食品を摂ると、

腸内環境が整い、美容にもいいようです。 

 

 

お味噌汁の塩分が気になる場合は、

お味噌汁一杯につき大匙一杯のきな粉をとかし、

その分、味噌をいくぶん少なくして調整すると減塩になります。

 

 

 

体質に合えば、続けることで心の浮き沈みも穏やかになり、

免疫力がアップして、身体が喜んでいることを感じられると思います。

 

ピンときたら、ぜひお試しください。

 

 

 

 

最後に、料理研究家、土井善晴先生の本をお薦めします。

 一汁一菜でよいという提案   土井 善晴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本来の自分を取り戻し、

喜び楽しむ日々を送られることを、

いつも応援しています。

 

 

 

今日も生かされていることに、

ありがとうございます。

  

 
森山 華伊

LINE のお友達登録はこちらです!

 https://lin.ee/2Uzk8dh7V