· 

摂食障害がコロナで悪化したあなたへ

コロナの不安を寄せ付けない方法

 

心優しい勇者たちへ

 

 

 

 

 

 

新型コロナによる自粛生活、みなさまはどのように過ごされていますか。

 

 

 

以前よりもご家族と過ごすことが多くなり、肩身の狭い思いをされている方、

焦りから余計に自分自身に厳しくされている方、

甘えてはいけないとご自身をさらに責めておられる方もいらっしゃるのではないかと想像します。

 

 

 

「これからどうなってしまうのだろう」

 

「ひとりで生きていけるのだろうか」

 

 

 

先行きの見えない不安は、コロナ以前からありましたよね。

 

 

 

このような世界的な一大事がさらに追い打ちとなって、

冷静な判断が難しくなるというのは、

不安定な土台の上では誰でも起こりうることです。

 

 

 

だから、どうかご自身を責めないであげてほしいのです。

 

 

 

「こんな大変な中、がんばってるね。えらいね。」と、

ご自身に労わりの言葉をかけてあげてください。

 

 

 

 

 

完璧主義で、人に頼ることができず、がんばりすぎてしまうあなたへ。

 

 

 

私が昨晩試して、クスッと笑いが込み上げて、フッと楽になったおまじないをご紹介しますね。

 

 

 

周りに誰もいないことを確認してから、声に出して呟いてください。

 

 

 

 

「甘えたい、甘えたい・・・」

 

「楽したい、楽したい・・・」

 

「お手上げです、お手上げです・・・」

 

「助けてください、お導きください・・・」

 

「私は何もわかりません、わかりません・・・」

 

「私は何もできません、できません・・・」

 

「私は何も知りません、知りません・・・」

 

「教えてください、お導きください・・・」

 

「やりたくない、やりたくない・・・」

 

「人の後についていきたい、考えたくない・・・」

 

「逃げたい、逃げたい・・・」

 

「サボりたい、サボりたい・・・」

 

 

 

 

 

こうして、無理して頑張ってきた心を緩めてみます。

 

 

 

私たちが言ってはいけない、感じてはいけない、と禁じてきた言葉ですよね。

 

 

 

まずは自分を裁かずに、心を解放します。

 

 

 

ブツブツ呟いてみると、きっと笑えてきますよ。

 

 

 

そして緩んだなと感じた時に、

次の決め言葉で締めくくってください。

 

 

「私は守られています。どんなことがあっても大丈夫!ありがとうございます!」

 

 

 

 

落ち込むことは人間ですから誰でもあるものです。

 

 

 

そこから「生」の方へ向かわせるために、

このようにして心に活力を与えるとほほえみと共に前向きになります。

 

 

 

どんなに状況が厳しくとも、

「大丈夫!私は守られている!」と信じ、

「ありがとう」の気持ちで、心に灯をともしていると、

その明るさと温かさで、優しい人たちがあなたの周りに集まってきます。

 

 

 

それがどんどん広まって、しあわせの連鎖で大いなるものとつながっていきます。

 

 

 

 

 

 

 ◇◆◇ 今日のブレイクタイム ◇◆◇

 

 『おこもりカルテット』(OKOMORI Quartetto) をご紹介します。

 

 

 

良かったら聴いてみてくださいね。

 

上のお花の画像か、下のタイトル上をクリックすると SOUNDCLOUD で聴くことができます。

 

 

 

 

 

*****

 

 

 

おこもりカルテット OKOMORI Quartetto (2 分 26 秒)

https://soundcloud.com/moriyama-kai/okomori-quartetto

 

 

 

 

 

 

*****

 

 

 

YouTube はこちらです!

   

 

 

 

 

 

 

*****

 

 

 

 

 

本来の自分を取り戻し、

喜び楽しむ日々を送られることを、

いつも応援しています。

 

 

 

今日も生かされていることに、

ありがとうございます。

 
作曲・ピアノ/森山 華伊

LINE のお友達登録はこちらです!

 https://lin.ee/2Uzk8dh7V