· 

ひきこもり・摂食障害の回復とは

回復は治すことじゃない

 

 

 

 

 

心優しい勇者たちへ

 

 

 

 

 

私が考えるひきこもりや摂食障害の回復とは、

人に愛を与えられる人になること。

 

 

 

人に愛を与えられる人とは、自分を活(生)かしていること。

 

 

 

自分を犠牲にして、人を喜ばすのではなく、

自分が喜んで、自分を活かして、人も自分も幸せにすること。

 

 

 

その準備のために今、あなたはひきこもり、過食や拒食をしている。

 

そうなりたい、そうなれると、無意識のところでわかっているから。

 

 

 

外に出られた、就職できた、過食や拒食がなくなった、それだけが回復ではない。

 

 

 

ひきこもりや摂食障害になったのは、そんな表面的な目的ではないはず。

 

 

 

そんな私も、「まだ自分を活かしていない」と、

今朝目が覚めた瞬間心に浮かび、

自分を鼓舞するためにもこのブログを書いています。

 

 

 

自分を生きるとは、時に勇気のいることだけど、

本当の回復とは、自分の中に今持っていることを、

出し惜しみせず外に出すことだと思う。

 

 

それが自信となり、良い循環が生まれ、心が満たされ、

幸せの流れに乗っていく・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

本来の自分を取り戻し、

喜び楽しむ日々を送られることを、

いつも応援しています。

 

 

 

今日も生かされていることに、

ありがとうございます。

 

 
森山 華伊