· 

過食の翌日の断食について

過食のループから抜け出すには

 

 

 

 

 

心優しい勇者たちへ

 

 

 

 

 

たとえば夜に過食したとして、翌日は何も食べないとか、

水分だけで過ごすとか、野菜やスムージーだけというように、

過食後はリセットしようとすることが多いと思います。

 

 

 

だけど、このパターンを繰り返すと、

かえって過食のループから抜け出せなくなっている方が

多いのではないかと思います。

 

 

 

早く元に戻したい、過食をなかったことにしたい、

今すぐにでも痩せなければと焦っている・・・

そんな切羽詰まった思いから、過食と断食を繰り返しいるのですよね。

 

 

 

私も長い年月を、過食と断食を行ったり来たりしてきたので、

その苦しさはよくわかります。

 

 

 

私よりも先を行く過食症の仲間たちは、

過食のあとは、断食ではなくて、普通の食事に戻すのが良いと教えてくれました。

 

 

 

でも、当時の私は、菓子パン過食か断食の両極端で、

普通の食事もろくに摂っていなかったので、

普通の食事そのものに抵抗を感じていました。

 

 

 

だから、そのアドバイスを聞き入れることができず、

それからさらに 10 年過食か断食かの両極を行ったり来たり・・・

 

 

 

どうして、こんなにも苦しいルールに凝り固まっていたのか、

今思い返せばわかることなのですが、

根底には不安があったからだと思います。

 

 

 

不安が大きいと誰しも、

変化することや新しいことを取り入れることに、

抵抗や恐れを抱くものです。

 

 

 

私は安心欲しさに、

裏切らない食べ物、数字を心の拠り所にしていて、

「曖昧」や「適当」や「普通」といったグレーゾーンが、

得体の知れないものに思えてならなかったのだと思います。

 

 

 

このブログを読んでくださっている方の中で、

私のアドバイスを受け取れる準備ができている方は、

取り入れてほしいと思います。

 

 

 

「過食した次の食事は、普通の食事を摂るほうが、

早く切り替えられますよ。」

 

 

 

朝に過食したら、昼食は普通に戻す、

昼に過食したら、夕食は普通に戻す、

夜に過食したら、朝食は普通に戻す、

一日中過食したら、翌日は普通に戻すということです。

 

 

 

食事を抜くと、抜いた分か、それ以上に食べてしまって、

断食した意味がなくなったことに気付いたとたん、

過食モード突入ってこと、私のあるあるパターンでした。

 

 

 

体重が増えたり、むくんだり、気分が塞いだり、

辛い日々を孤独に過ごしている方へ、

次の言葉を贈ります。

 

 

 

「必ず、終わりはくるから安心してくださいね。

 

この自分でも大丈夫だって思うことができたら、

自然に過食は遠のいていくからね。

 

ご飯は、一食に 100 g は食べたほうがいいよ。

 

反動を防ぐためにも、心身を満たすためにもね。

 

自分を大切にすることがわかると、

過食がなくても大丈夫になっていくからね。

 

今は必要だから過食している。助けてもらっている。

 

だから過食を悪者にしたり、自分を責めないでください。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本来の自分を取り戻し、

喜び楽しむ日々を送られることを、

いつも応援しています。

 

 

 

今日も生かされていることに、

ありがとうございます。

 

 
森山 華伊

前のブログ | 一覧 | 次のブログ>