ココロに良い話

ココロに良い話 · 2020/05/02
心優しい勇者たちへ 摂食障害のみなさま、そうでない方々もこんにちは。 突然ですが、 「もしも〇〇だったら幸せになれるのに・・・」と、 思うことはないですか。 私は摂食障害を克服する前までは、色々な場面でそう思っていました。 「お金があったら」 「パートナーがいたら」 「時間があったら」 「頭が良かったら」 「話がうまかったら」 ・・・etc....
ココロに良い話 · 2020/04/29
心優しい勇者たちへ 摂食障害のみなさま、そうでない方々もこんにちは。 コロナウィルス感染予防のため、 家族の在宅が多くなり、 これまで以上に居場所がないという方もおられるかと思います。 食べることに関して、隠し事、取り繕うことで心をすり減らしている上に、 不安になる情報が氾濫し、 もともとある不安がより揺さぶられ、...
ココロに良い話 · 2019/10/07
心優しい勇者たちへ 私は両親との葛藤で、長い年月を苦しみました。 言葉にできない苛立ちは押し黙るほかなく、 まともに両親と向かい合って会話はできませんでした。 摂食障害になる何年も前から片鱗はありましたが、 誤魔化しは次第に効かなくなり、 大学 1 年の時に拒食症と鬱により歯車が狂い始めたのです。 その後 20 年は、過食や拒食を繰り返すことで、...
ココロに良い話 · 2019/09/14
心優しい勇者たちへ 私は18 歳から 42 歳まで摂食障害と共に生きてきました。 この期間は私にとってどんな意味が隠れていたのでしょうか。 認められたい、愛されたい、安心したいなどの欲求の根底には、 自己否定と許されたい気持ちがあったと思います。 アルコールや薬物、ギャンブル、仕事・・・ 数ある依存症の中で私が摂食障害になったのは、...
ココロに良い話 · 2019/08/10
心優しい勇者たちへ 私は何にしても人より遅く、理解するまでにも時間がかかる方です。 同時進行で複数の事をすることは不得意ですし、人の言葉の裏を読むことも苦手です。 機転の利いた言葉もタイミングよく発せられなければ、先手を取る閃きにも欠けています。 もともと喜怒哀楽は発散するよりも内に秘める方です。 「臨機応変」は大の苦手とします。...
ココロに良い話 · 2019/07/26
心優しい勇者たちへ 私の母は、完璧主義で心配性でした。 私が転ぶ前に、躓きそうな障害物を取り払い、 私が不足を感じる前に、満たそうとしました。 溢れていても、気がすむまで・・・。 私は、欲求や意思を表現する機会がないまま、大人になりました。 いつしか、理由のわからない怒りを抱えていました。 傍目からは何不自由なく大切に育てられたのに、...
ココロに良い話 · 2019/06/11
心優しい勇者たちへ 私は大学 1 年生の時に摂食障害と鬱になり、 3 年生の時に退学しました。 当時は病識がなく、 心療内科やカウンセリングも今ほどメジャーではなかったので、 発病から病識を得るまでの 8 年間、 誰にも相談できず自分の異変を隠していました。 いいえ、「誰にも相談できず」ではないですね。...
ココロに良い話 · 2019/05/29
心優しい勇者たちへ 私は 10 年間ひきこもっていた時、 家族や周囲の人たちに度々言われてきた言葉があります。 「気の持ち方、受け取り方次第だよ」 私はそう言われるたびに、 心の奥で憤りを感じていました。 私の感情を一蹴され、 責められているような感じがしたのです。 当時の私は、両親と話すことはおろか、 顔を見合わせることも、...
ココロに良い話 · 2019/05/22
心優しい勇者たちへ 負の感情とは、淋しさ、悲しみ、怒り、嫉妬、恨みなど、 「そんなふうに思ってはいけない」と戒められることの多い、 一般的に悪者扱いされている感情です。 感じてはいけないのだと、 心の奥底に閉じ込めて、 無かったことにしたり、 作り笑いで誤魔化したり、 都合の良いように捻じ曲げて解釈したり、...
ココロに良い話 · 2019/05/14
心優しい勇者たちへ 私は 26 歳頃から約 10 年間、ひきこもりでした。 ひきこもりにも、 いろいろなタイプや背景があると思いますが、 私の場合は摂食障害(俗に過食症とか拒食症と呼ばれる)がきっかけでした。 食事に関して強迫的な習慣に縛られていたため、 外食が一切できず、 次第に人付き合いも疎遠になっていきました。 こだわりが強くて、...