第 3 章 摂食障害回復期

第 3 章 摂食障害回復期

  • まえがき
  • 表現教室はじめます
  • ランチタイムコンサートで初 MC 、弾き歌い、オカリナ
  • 表現教室あらため、摂食障害専門カウンセリングをはじめます
  • 現在進行形、随時更新していきます

まえがき

 

摂食障害 25 年、ひきこもり 10 年の克服者、森山 華伊の自分史です。

 

 

 

↓ 摂食障害発症にいたる潜伏期はこちらです。

第 1 章 摂食障害潜伏期 

↓ 摂食障害闘病期はこちらです。

第 2 章 摂食障害闘病期  

 

 

第 3 章 摂食障害回復期

克服して翌年、2019 年 5 月に本サイトを立ち上げました。

 

25 年間の摂食障害や、10 年間のひきこもりの経験をお話することで、

現在同じようなことで悩まれている方々の心に希望が宿り、少しでもお役に立てれば嬉しいです。

 

このページは現在進行形で続いています。

摂食障害とひきこもりのための表現教室をはじめます(2019/04/30)

摂食障害の方、ひきこもりの方のための表現教室

ごあいさつ

 

 摂食障害 25 年、ひきこもり 10 年の経験を活かし、現在悩まれいる方々のしあわせへのお手伝いと、過去の私自身をしあわせにするために、表現教室を神戸に開設しました。

 表現教室とは、即興的な連弾や芝居、抽象画、手芸、運動、ファッションなど、多種多様な表現ツールをミックスした、新しいジャンルの教室です。

 摂食障害やひきこもりの方を対象にした「本来の自分に返り、自分の人生を楽しく生きる」ことをコンセプトに、私自身の体験をもとにプログラムやワークショップを考案しました。

 一見バラバラなものから共通点を見つけ、点が線で繋がるように、組み合わせたり、置き換えたり、反転させたりと、長年かけて影響を受けた選りすぐりから、私のアイデアとユーモアを織り交ぜてできたものです。

 昨年の 7 月に闘病から脱してから、ドラム、ジェンベ、ジャズピアノ、ダンスを学び始め、自己表現の可能性を掘り起しつつ、この 3 月に隣町へ引っ越し心機一転、第二の人生への出港の準備は整いました。

 平成から令和へと、新しい時代の大波に乗り、身をもって手に入れた、しあわせのコンパスを胸に大航海が始まります。

 これまで支えてくださった多くの方々に感謝するとともに、今後私を訪ねてくださる方々へお返ししていきたいと思います。

 現在摂食障害やひきこもりに悩まれている方々は、過去の私自身であり、その方々を少しでもしあわせにしたいと向き合うことは、過去の自分を愛することにつながり、その時を超えたコミュニケーションによって、しあわせの連鎖は広がっていくと信じています。

 どうぞよろしくお願い申し上げます。

令和へ移る前夜に
森山 華伊

ランチタイムコンサートで初 MC 、弾き歌い、オカリナ(2020/01/12)


ほんの数ヶ月前には予想もしていなかったことが起きることがあります。


まさか私が、ピアノでコンサートをする側に回るとは、
夢には見ていましたがこんなに早く実現するとは思いもよりませんでした。

 

人との出会いと不思議なめぐりあわせが重なって、突然チャンスはやってきます。

 

そのタイミングは逃さないよう、 「チャンスはつかむ!」 ということを、今回学びました。

 

 

 

 

ピアノサークルでお世話になっている辻さんと二人で、
  「歌い継ぎたい日本の歌」 と題し、ピアノ伴奏に合わせて童謡や唱歌をお客様と合唱をする 「参加型コンサート」 を企画し出演させて頂きました。

二人ともこのような大舞台は初めてのこと、準備期間の 5 ヶ月間は各自の練習はもちろん、

リハーサルや打ち合わせ、歌詞カードの草稿、機材についての学習、会場の下見、メンタルや体調管理など、

気の抜けない日々を過ごしましたが、ホールのスタッフの方々のご支援のもと、無事本番に臨むことができました。

 

 

 

ピアノという楽器は、メロディー、リズム、コードとなんでもできる上、

音域も一番広く、歌や打楽器の要素もあるので、

一人で完結する孤独な楽器とも言えますが、

本番までのプロセスを共同作業をしながら、

コンサートを作っていく楽しさや喜びをあらためて感じました。

 

 

当初はピアノ伴奏だけを演奏する予定でしたが、

「歌い始めがわかりやすいようにピアノを弾きながらマイクを使って歌ってみよう」 いう考えがまず浮かび、

次に 「辻さんがピアノ伴奏の時はメロディーをオカリナで吹いてみよう」 、

さらに 「日本の歌だから和風の衣装を着よう」 とアイデアが広がっていきました。

 

そのどれもが初めてのことなのですが、

さらに司会進行も仰せつかり、

曲間のトークはほとんどぶっつけ本番でなんとか突破できました。

 

私自身、見たこともない自分が出てきて、「身体を張る」 とはこういうことなのか、と思ったほどです。

 

決して大げさではなく、コンサートの後 10 日間ほどは帰宅すると抜け殻になりましたが、

「私もやればできるんだ!」 という自信がついたように思います。

 

公園で仲間に入れず木の影に隠れていた幼少期、30 半ばまで摂食障害でひきこもり、会話も大の苦手な私が、

大勢の前でピアノを弾き、歌い、オカリナを吹き、司会進行をし、オレンジの総絞りの羽織を着るなんて、私を知る誰もが想像できなかったことでしょう。

私自身でさえ、知らない自分と対面し驚いている次第です。

 

こんなにも人は変われるのですね!

 

 

お集まり頂いたお客様は約 80 人、

笑顔と素敵な歌声で歌ってくださり、

演奏しながらあたたかいエネルギーを受け取り、

合唱を通して一体感が生まれ胸が熱くなりました。


                  


「言葉や演奏は雄弁でなくても、心は伝わるんだ!」 ということも実感できました。

 

 

このコンサートを今後の音楽活動の第一歩として、

大変貴重な体験をさせて頂きましたので、

一生の思い出として大切にしていきたいと思います。 
  
  

 

 

 

 

「歌い継ぎたい日本の歌 〜 参加型コンサート 〜」

2020 年 1 月 12 日 @ 大阪府 茨木市立生涯学習センター きらめき

 

 

 

 

 

 

自分史はこれからも続きます!
よろしくお願いいたします。
~ つづく ~